LSS

LSS(Logistics Smartphone System)物流スマートフォンシステム

ピッキング作業においてスマートフォン端末を使用することにより、作業者の管理・作業の見える化を行うことで、作業効率をご提案するシステム。ハンディターミナルよりも安価に導入することが可能です。

LSSの特徴

作業時間の短縮
WiFi通信可能で、作業者の作業ベースがわかります。休憩合図や指示など内線でのやり取りを、メッセージ機能で指示可能です。
STOCとの連携
STOCタグを使用することで、ミスを抑えさらに効率化アップします。
現場の見える化
LSSを使用してピッキングを行うことで、ピッキング実績をベースに可視化した検証機能を装備します。
作業の管理化
作業者の次の作業までのタスク作成・管理します。

作業工程の一例

1 ピッキング作業準備1

台車にオリコンをセットし、モバイル端末でオーダーNoとSTOCタグID、オリコンIDの紐付を行います。

ピッキング作業準備1
2 ピッキング作業準備2

残りのオーダーもSTOCタグIDとオーダーNoを紐付します。

ピッキング作業準備2
3 ピッキング作業1

ピック指示のかかったロケーションの商品をピックしJANコードを読込むと、商品を投入する番号のSTOCが点滅します。

ピッキング作業1
4 ピッキング作業2

モバイル端末で指示された数量を投入し、STOCタグIDのスキャンで投入完了させます。別のオーダーにもヒットしている場合は次のSTOCが点滅します。

ピッキング作業2

LSS作業中画面

ルート案内を表示し、最適ルートで作業者を誘導するので、初心者も迷うことがありません。

STOC
STOC
STOC

画像がない商品に関しては、カメラ機能で撮影登録 、全体共有がその場で可能なので、ピッキング時の確認・作業初心者もわかりやすい仕組みです。

現場の見える化

LSSのピッキング実績をもとに、可視化した検証を行い効率化へ

LSS
作業再生機能
ピックの生産性の落ちる時間帯の作業者状況を確認。ロケーション渋滞や商品ピック時間・歩行時間の割合を確認し、シミュレーションします。
LSS
ヒートマップ
ピックの頻度によって色分けし、ピック頻度を確認。ヒートマップを参考に、ロケ変シミュレーションを行い実運用前に確認できます。結果、ピッキングの効率化に繋げることが可能です。