LESS(Logistics Engineering Simulation Service)の特徴

LESSは、3Dグラフィックス表現で物流センターの改善案を正確に低コストでシミュレートするソリューションです。

1. 物流センターの改善案を正確にシミュレート
LESSは、物理エンジンを備えた産業用シミュレータを使用し正確に物理演算することが可能なため、物流センターの改善案を現場で実施する前に効果測定が可能です。
2. 綺麗な3D グラフィック
綺麗な 3Dでシミュレーション出来るため、社内外でのプレゼンテーションツールとしてもご活用頂けます。

導入のメリット

ソリューション導入前に
最適なレイアウトを検証出来ます。

計算上ではうまくいっていても、実際に現場に導入してみるとコンベヤから各機器の接続がうまくいかず、段ボールが溜まってしまうということもありますが、LESSは高い精度のシミュレーションにより、ボトルネックを顕在化することで、未然に最適なレイアウトを検討することが出来ます。

ピッキング方法・人員配置・
ロケーション変更の
シミュレーションも可能です。

シングルピッキングからマルチピッキングにした場合の生産性の変化や、人員削減やロケーション変更した場合の生産能力の変化もシミュレーション出来るので、現場を止めることなく改善案について検討することが出来ます。

検討段階の改善案を
シミュレーション出来るので、
現場導入前に最適な改善案を選択できます。

例えば、数社から提案のある改善案を検討する際に、従来は過去の実績や経験に基づいて生産能力を予測する方法しかありませんでしたが、LESSでは短時間で精度の高い検証を行うことが出来ますので、デスクトップ上で実際の運用イメージを見ながら、最適な改善案を選択することが出来ます。

事例

LESS Shuttle Rack

LESS ピッキング