ミスゼロを追求したゲート開閉式仕分けシステム

Solution

このような課題をGASは解決します。

GAS(Gate Assort System)は
「仕分け」作業の生産性を最大化するソリューションです。

ピッキングの効率を上げるための方法として、オーダーをまとめてピッキングするトータルピッキングがあります。
しかし、トータルピッキングは、ピッキングの後工程において、1オーダーごとに「仕分け」をする必要があり、この仕分け作業に時間がかかってしまったり、ミスのリカバリに時間を取られてしまうと、思うように生産性向上が実現出来ません。

そんな課題をGASが解決します。
各間口にゲートを設け、商品のバーコードをスキャンすると、該当する間口のゲートだけが開きます。
開いたゲートにしか商品を投入できないので、入れ間違いは物理的に起こらず、仕分け後に従来行っていた検品をする必要もなく、仕分けのスピードも大幅に向上します。

Product Feature

GASの特徴

高生産性
高生産性

ゲートが開いたところに投入するため、どこに投入するかが明瞭で、「間違えない」という安心感からストレスも少なく、1時間あたり800~1000ピース程度仕分けすることが出来ます。

高スペース効率
高スペース効率

トータルピッキングを行う場合、必ず荷仕分け場が必要になりますが、床面積も当然コストになってきます。GASはソーターに比べ、同じ仕分け能力の場合、およそ半分のスペースで設置が可能です。

高精度・検品レス
高精度・検品レス

GASは各棚にゲートを設け、開いたところに商品を投入していく仕組みです。1投入で1箇所しかゲートが開かず、間違えた箇所に投入できないため、仕分けと同時に検品することが出来ます。

フレキシビリティ
フレキシビリティ

GASは「今の物流を解決する」というコンセプトがあります。お客様に合わせた柔軟なカスタマイズや、移設・増設も容易なため、EC業界特有の急激な物流量の増加にも柔軟に対応出来ます。

Spec

GASのスペック

正確性
1/10万以下のミス率
生産性
800~1000ピース/人時の仕分け
省スペース
ソーターに比べ半分程度の
スペースで設置可能
柔軟性
アンカーボルトレスで移設可能:
ユニット増設は1日で可能
可視性
作業進捗、作業者別の
生産性の把握が可能
保守性
メカの定期点検は不要・
少数の予備部品で十分対応可能

操作方法例

商品バーコードをスキャンするとゲートが開くので、梱包時の検品作業が必要ありません。間違いなく仕分けできるため、高効率作業を実現します。通販や店舗物流まで幅広い企業様にGASを導入いただいております。

※案件に合わせて設計いたしますので、一つの例としてご覧ください。

1

バッチ番号を選択する

2

作業者コードを
スキャン(入力)する

3

納品書をスキャン、
ゲートが開いたところに投入

4

フットスイッチで
投入完了(ゲート閉)

5

商品バーコードをスキャンし
ゲートが開いたところに投入

6

フットスイッチで
投入完了(ゲート閉)

7

仕分け完了、
次バッチ作業または梱包作業へ

導入先企業

BtoC配送への導入

大手アパレル通販
CD小物通販
大手事務用品通販
など

BtoC&BtoB配送への導入

物流
3PL
大手工具専門商社
など

BtoB配送への導入

大手アパレル・雑貨・食品小売
大手食品卸
医薬品卸
など

導入実績のご紹介

タワーレコード株式会社
配送内容:全国店舗へのBtoB配送、
お客様へのBtoC配送

GAS導入でピッキングの生産性が2倍に。
人員を増やさずに物量が向上しました。

多品種小ロットを基本とするCD・雑貨の通販を行う弊社では、ピッキングエリアから100オーダー分をピッキングして2次的なピッキング棚に収納し、そこからさらにシングルオーダーピックを行い、仕分けたオーダーを検品して送り状を発行するという工程が必要でした。そこでピッキングエリアからGASの間口数である30オーダー分をトータルピックし、GASを使って仕分けと検品を同時に行いました。結果、導入前と比較して生産性が2倍に向上しました。通販出荷件数が伸びており、現在GASを6ユニット導入しています。

タワーレコード株式会社
マガシーク株式会社
配送内容:お客様へのBtoC配送

ソーター+GASでリードタイムを短縮。
物流業務効率化を実現しました。

弊社では以前から、椿本チエイン社のリニソート(チルトトレー式ソーター)を1次、2次と2回に分けて仕分ける運用をしていました。しかし、物流量の変動や今後の成長に柔軟に対応するためには、1次仕分けにソーター、2次仕分けはタクテック社の「GAS」を組み合わせることでより自社に合った対応が可能になると考えました。ソーターというのは0か100という性質で、10%程度の稼働でも100のコストが必要になり、設置スペースもかなり必要です。一方、GASは小規模なユニット単位で追加が可能で、成長に合わせた柔軟な対応ができることが、導入の決め手でした。

マガシーク株式会社

Movie

動画

GAS説明動画

GAS(Gate Assort System) 2020 ミスゼロを追求したゲート仕分けシステム

30秒動画「ミスゼロを追求した検品不要のゲート仕分けシステムGAS」

BtoB向け

日雑TCバラ品店舗仕分け

業務用食材DCセンター店舗仕分

BtoC向け

アパレル通販

化粧品通販